里芋の栽培方法/育て方!ホクホクでもちもちの食感の理由は?

里芋の「葉」が大好きです。トトロが傘にしていたアレですね!
我が家でも、毎年里芋を作っています。恥ずかしながら、今までは里芋の皮剥きが面倒で好きではありませんでした。
しかーしっ!

自分で料理をするようになり、一つ一つの食材の味をしっかり味わうようになったこの頃、里芋の美味しさには驚きを隠せません!

そんな里芋を育て、成長を記録し、美味しくありがた〜く食べさせていただきましたので、報告させていただきます!

里芋の種芋を植える

5月5日こどもの日、里芋の種芋(たねいも)を植えます!よく晴れて、すばらしい日になりました!
それでは、順に説明させていただきます。

20160505_blue-sky

 

土づくり

あらかじめ土は柔らかく耕してあります。
種芋を植えるために、畝をつくります。3列分用意しました。

20160505_soil-for-taro-1

 

肥料

畝と畝の間に、肥料を入れます。写真は牛糞堆肥です!

20160505_compost-for-taro

 

堆肥を土で埋めます。
堆肥を入れた溝の横から土をすくい、堆肥にかぶせます。堆肥の横に溝ができます。ここに種芋を植えます。

20160505_soil-for-taro-2

 

種芋を植える

これは、農協など種が売られているところから買ってきた、里芋の種芋です。

20160505_seed-of-taro

 

先ほど、埋めた堆肥の隣に作った溝に、種芋を植えます。間隔は、40cmくらいです。

20160505_seedling-taro

 

こんな感じです。

20160505_seedling-taro-3

 

こんな感じです。くどい?

20160505_seedling-taro-3-1

 

父は種と種の間に、化学肥料(8-8-8など)を撒きます。

20160505_chemical-fertilizer-taro-2

 

種に直接かけると腐ってしまうこともあるそうなので、避けます。

20160505_chemical-fertilizer-taro

 

植えた種芋に土をかぶせます。

20160505_earth-up-taro

 

大きく、美味しく実ってね〜と念じながら・・・

20160505_earth-up-taro-1

 

のどかな日

連休中の5月5日、空を見上げればグライダーが飛んでいました。

20160505_airplane

 

草を書き分ければ、様々な生き物がいます。

20160528_lizard

 

発芽

種芋から芽が伸びてきました〜小さくても、里芋とわかりますね〜里芋の葉には、水滴がよく似合います。

5月28日(2016年)

20160528_budding-japanese-taro-5

 

里芋の成長

1ヶ月程度で、このくらいまで大きくなります。

6月10日(2016年)

20160610_leaves-japanese-taro

 

里芋は、水分がたくさん必要なので、毎日たっぷり水をやることが必要です。

6月27日(2016年)

20160627_drop-of-water

 

7月29日(2016年)

20160729_leaves-japanese-taro

 

間引き

ひとつの種芋から、数束の茎が生えてきます。最も太く大きく育っている茎の束のみを残して、そのほかの細く短い束を切り、間引きします。

こうすることで、栄養を集中させて育てることができます。

8月13日(2016年)

20160813_cut-leaves-japanese-taro

 

収穫

5ヶ月間成長を続けてきた里芋を、いよいよ収穫させていただきます。
まず、葉っぱを切り落とし、茎のみにします。

10月5日(2016年)

20161005_harvest-japanese-taro-2

 

茎のみにすることで、収穫しやすくなります。

20161005_harvest-japanese-taro-3

 

根元の、茎から少し離れたところにスコップを刺して、掘り起こします。芋を傷つけないように。

20161005_harvest-japanese-taro-4

 

立派な茎ですね。茎のすぐ下に一番大きな親芋があります。

20161005_harvest-japanese-taro-5

 

親芋の周りに子芋、その周りに孫芋があります。

20161005_harvest-japanese-taro-6

 

子芋、孫芋がたくさんついています。

20161005_harvest-japanese-taro-7

 

一つの株から、たくさん採れますね〜。

20161005_harvest-japanese-taro-8

 

茎も食べることができます。風通しの良いところに吊るして乾燥させます。

20161005_harvest-japanese-taro-10

 

たくさんの里芋が収穫できました。

20161005_harvest-japanese-taro-9

 

畑の横に流れている水路で洗わせていただきます。

20161005_harvest-japanese-taro-12

 

今年の里芋は、豊作でした!1列、3個の種芋からこれだけの里芋が実ります!
感謝していただきます。

20161005_harvest-japanese-taro-13

 

里芋のレシピ

レシピと言えるほどでもありませんが、おでんと煮物をつくりました。

下の写真は、親芋です。

20161110_cut-parent-taro

 

親芋の皮を剥きます。親芋は、あまり売られていないかもしれませんが、食べると美味しいですよ〜。大きいですし。

20161110_peeling-parent-taro

 

下の写真は、子芋と孫芋です。綺麗な色ですね!

20161016_peeling-japanese-taro

 

土鍋でおでんを作りました。

20161016_cook-nabe

 

里芋、大根、ネギ、糸こんにゃく、厚揚げ、シーチキンの鍋。

20161016_nabe-add-japanese-taro

 

里芋、大根、ニンジン、揚げもの、ちくわ、糸こんにゃくの鍋。

20161029_nabe-add-japanese-taro

 

下の写真は、里芋とニンジンの煮物です。昆布かつお出汁で煮込みました。
これを食べた父が、「こんな美味いもんは、売らずに自分たちで食べたいなぁ〜」と息を漏らしましたww

20161110_meal-with-taro

 

まとめ

採れたての里芋は、煮込んでもホクホクしていて美味しいです。薄い出汁で里芋の味を楽しみます。

里芋が元気に育っているかどうかは、背の高さや葉の大きさでも確認できます。父はとにかくせっせと水をやって、大きく大きく育てていました。そうすれば、芋も大きく育っているのです。

干している茎ですが、今(12月3日)こんな感じです。干しズイキ(芋がら)と呼ばれている保存食です。煮物などで楽しむことができます。
食べたらまた報告させていただきます!

20161203_dry-stalk-japanese-taro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です