梅干し/梅漬けの作り方|懐かしい酸っぱい味

この記事は、梅干しの作り方についてご紹介させていただいています。
自家製の梅干しって、酸っぱいですよね~(+_+)
我が家も、ずっと梅干しを漬けていますが、鮮やかな赤を保つため干していません。
汁がしたたる、真っ赤な梅干しをお供に、濃い緑茶をいただきたいですね!また、何年も熟成させた梅干しは、コクが増し、酸っぱさも抑えられて超おいしいですよ!

今回は、梅干し/梅漬けの作り方をご紹介させていただきます。

青梅の収穫

2016年6月29日
飛騨高山は、6月下旬から7月にかけてが収穫の時期です。梅の花が咲くのが4月中旬くらいなので、遅くなりますね。この年も、たくさんの青梅が収穫できました!

梅干し/梅漬けづくり

青梅の下準備

新鮮な青梅を、水でよく洗って清潔にします。水分は、布巾などで拭いてとりましょう。

つまようじか、竹串をつかってへたを取り除きます。

梅の漬け込み

2016年7月1日に行いました。

梅干しの材料

  • 容器
  • 青梅2kg
  • 塩300g
  • 重石

梅の塩漬け

容器に青梅と塩を交互に入れます。

塩をまぶしていく感じです。

最後は、多めに。

重石をのせます。

蓋をのせます。

5日後、塩漬けになり水が上がってきました!

梅干し用赤しそ

赤しその準備

2016年7月22日に行いました。
赤しそのはっぱを取ります。

水で良く洗います。すごく良い香りがします(*’ω’*)

塩を用意します。

塩を少しずつ使って、赤しそをもんでいきます。

しばらくすると、紫色の汁が沢山出てきます。濃い赤い色になるまでもむ必要があります。

こんなに、赤くなります!この赤い汁は捨てます。

赤しそ漬け

塩漬けされた梅(塩水も入ったままの状態)の上に、よくもんだ赤しそを敷き詰めます。

この状態で、寝かせてあげましょう!

梅干しについて

冒頭でも書かせていただきましたが、我が家では綺麗な赤色にしたいために干さないので梅漬けですが、梅干しにしたいときは、梅雨明けの晴れ間に三日三晩干すと良いそうです。
立秋の前に干すので、土用干しと呼ばれていますね。

梅干し/梅漬けづくり記事のまとめ

漬けた梅はまだ出していませんが、食べたら写真を追加させていただきますね~
漬物は、奥が深そうですね~勉強して、また報告させていただきます!
今日も、訪問してくださり本当にありがとうございます!

“梅干し/梅漬けの作り方|懐かしい酸っぱい味” への1件の返信

  1. こんにちは。梅干作りで、干さないで梅漬けでも良いのですね?知りませんでした。
    私の母はいつも干していたので、干さないといけないと思って、梅干を作る時はいつも干していました。新発見です。今度は干さないで作ってみようかな?市販の梅干はどれもアミノ酸が入っています。梅干しや梅漬けは元々保存食なので、余計なものは入れる必要無い筈なのに….
    私は無添加の梅干が市販されていないので、母の作っていた方法を思い出し、自分で漬けるようになりました。でも、梅が安い時は紫蘇が高いので、ケチったら色が綺麗に出ませんでした。何事もバランスですね~♪
    いつも色々教えて下さり有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です